オンラインコミュニティ「おうち英語の会」のご紹介

おうち英語の実例(赤ちゃん・幼児)

このブログでは「おうちでお子さんをバイリンガルに育てましょう」とオススメしていますが、それは、おうち英語なら誰でも簡単に子供をバイリンガルに育てられるからです。

今日は、「パルキッズ」を使って「おうち英語」でお子さんをバイリンガルに育てていらっしゃる動画を3本ご紹介したいと思います。 (掲載に当たっては、掲載元の同意を得ています)

最初にご紹介するのは、2歳3か月のお子さんです。

これはパルキッズを始められて間もなくの動画だそうです。

パルキッズは、音声CDを毎日90分かけ流して、こんな感じで1日5分程度のオンラインレッスンを(毎日できなくてもいいので)やるのですが、レッスンと言っても、内容は見ての通り、短時間のゲームみたいなものです。

でも、これを繰り返すことで、会話も覚えるし、語彙も増えるし、単語も読めるようになっていきます。

次の動画は、まだ6か月の赤ちゃんです。

赤ちゃんですから、最初の2歳のお子さんのように自分でレッスンに取り組むことはできませんが、自我が育つ前の0歳児にとっては、お母さんがやっているのを見るというのは、脳の認識としては、自分がやっているのと同じです。

ですから、自分ではまだ何もできない年齢からでも、こうやって意味づけや語彙の増強、文字の認識をすることができます。

ただ、赤ちゃんにコンピュータやスマホ、タブレットを見せるのに抵抗があるお母さんもいらっしゃるかもしれません。(私もそうでした)

そういう場合には、早くから見せる必要はありませんし、かけ流しさえきちんとできていれば、少し大きくなってからたった1回見せるだけでも、子供の脳はあっさり吸収しますので、焦る必要はありません。

ただ、取り組みのヒントとして、0歳児でもこのように進められる、ということで紹介してみました。

そして、最後にご紹介するのは、小学1年生の男の子です。

2年間のカリキュラムを終えたところで、会話の理解、語彙、読みがしっかり育っています。

よく小学生の男の子のお母さんとお話すると、「うちの子はサルだから、英語なんか無理ムリ!」みたいなことをおっしゃる方がいらっしゃるんですが(笑)、どんなに元気な男の子でも、本当の猿ではなくて人間で、日本語をしゃべっている限り、英語も自然に習得できます(笑)

今回は、「パルキッズ」という教材を使われているご家庭のケースを紹介しましたが、「おうち英語」なら、教材を使わなくても工夫次第で、それぞれのご家庭に合ったやり方で、お子さんをバイリンガルに育てることができます。

お子さんの将来のために、是非「おうち英語」を始めてみてください。

パルキッズ」のシリーズは、このブログを通して購入されると、紹介特典と共に、私が主宰している「おうち英語の会」にも、半年間無料で参加していただき、使いこなすコツなどもお伝えしています。

紹介購入をご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。


子供が無意識のうちに自然に英語をマスターし、バイリンガルに育つ「おうち英語」のやり方をお伝えする、10日間のメール講座です。