どうして「おうち英語」?

人間の脳は言葉をマスターするようにプログラムされています

日本に住む私達は、いつの間にか日本語を覚え、しゃべれるようになっていました。
人間(の脳)は、環境にある言葉をマスターするようにプログラムされているからです。

ですから、

子供が育つ環境に英語があれば、

子供(の脳)は、勝手に英語をマスターしてくれる

のです。

(参考記事)
言葉は脳に習得させる
音を準備しよう
おうち英語の目的とやるべきこと
赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるか?

子供の育つ環境に英語を加えるには「おうち英語」が最適です

「おうち英語」なら、小さいお子さんを連れて英会話レッスンに通わせる必要はありません。
(我が家は、外の英会話レッスンに通わせたことはありません)
おうち英語でスピーキングもできるようになる?

「おうち英語」なら、おうちの方が誰も英語を話せなくても大丈夫。
(アメリカの移民の子供は、親が英語をしゃべれなくても、英語がしゃべれるようになっています)
親が英語を話せなくても大丈夫?

「おうち英語」なら、お母さん(お父さん)の工夫次第で、お金もそんなにかかりません。
(今の時代は、インターネットやテレビに英語の素材があふれています)
究極のおうち英語:誰にでもできて、将来子供が英語で困らない

「おうち英語」なら、お子さんの反応に関わりなく長く続けられ、確実にバイリンガルに育てられます。
(お子さんが「英語めんどくさい」などと言い出しても、慌てる必要がありません)
おうち英語で気をつけること
おうち英語と自我

赤ちゃんは言葉を覚える天才

子供の言語習得能力は、赤ちゃんの時が最高で、その後は緩やかに衰えていきますが、3歳ぐらいまでに始めれば、簡単にバイリンガルになれます。

9歳ぐらいまでに始めれば、工夫次第で十分バイリンガルになれます。

中学生・高校生だって、効果の上がる方法でやれば、英語をマスターするのは難しいことではありません。

英語をマスターするには、どんな年齢でも(大人でも)おうちで英語をやる時間が必要ですが、年齢に応じて、効果的なやり方は変わります。

子供の年齢や個性、英語にかけられる時間やお金はさまざまでも、「おうち英語」なら、個々の事情に合わせて、最適な方法で子供の英語をサポートできます。

このWebサイトでは、本当に英語をマスターできる「おうち英語」を続けるための様々な情報を提供していきます。

自我は悪者?
自我も無意識も使いよう

「おうち英語」で子供は簡単にバイリンガルに育てられる

子供をバイリンガルに育てるのは、実はとても簡単なこと。

なのに、それがあまり知られていない。

このWEBサイトから何かヒントを得て、「おうち英語」を始めてみてください。
そして、一人でも多くのお子さんを、苦労することなくバイリンガルに育ててください。

バイリンガル育児は、お金や手間ではなく時間をかける
バイリンガル育児をやめないで!