おうち英語の目的とやるべきこと

おうち英語で、日本語を覚えるのと同じように英語も覚えさせるやり方をご紹介しています。初めての方は、コチラからお読みください。

昨日のブログで、おうち英語の究極の目的は「子供を日英バイリンガルに育てる」ことだと書きました.

おとといのブログでは、それをもう少し具体的に「脳に音としての英語を習得させる」のが目的になる、と書きました。

「脳に英語を習得させる」とは、英語回路を作ること

ここでちょっと注意していただきたいのですが、「脳に音としての英語を習得させる」というのは、普通の人が思っている「英語の音の習得」とはちょっと意味あいが違います。

よく「英語耳ができる」と言いますが、一般的にこう言われる時は「英語の音の習得」ができている、つまり「英語の音に耳が慣れていて、音の聞き分けができる」状態を指しているように思います。

これに対して「脳が音としての英語を習得する」というのは、「英語回路ができる」というのに近いです。
ただ、英語というのは「言語」ですから、その本質はあくまで「音」だということを覚えておく必要があります。

つまり、おうち英語の目的である
「脳に音としての英語を習得させる」
というのは、
「音である言語としての英語の回路」を「脳に勝手に作らせる」
ということです。

まとめると、

おうち英語の目的は

「音である言語としての英語の回路」を「脳に勝手に作らせる」こと。
(そして究極の目的は、「お子さんを日英バイリンガルに育てる」こと)

そのために、おうち英語でやるべきことは

「脳の『無意識』の領域で『音としての英語を(勝手に)習得する』状態を作る」こと。

ということになります。

ところが、これを邪魔するのが「自我」なのです。

脳の「無意識の習得」を邪魔するのが「自我」

ところで、話は変わりますが、皆さん、日本語は好きですか?

実は私は、日本語(特に古文)が大好きで、高校生の頃は国文学者になりたかったので、大学の専攻は「日本文学」でした(笑)

でも、そんな人は多分少数派で、ほとんどの日本人は
「日本語なんて、好きも嫌いも、そんなこと考えたこと、あんまりない」
のではないでしょうか?

そして、そう思うのは、私達が「自我」で日本語を勉強した訳でははなくて、「無意識」で日本語を習得してきたからです。

英語もこれと同じように習得しよう、というのが、よく言う「母国語方式」だったり「右脳学習法」だったりするのですが、それを私は「無意識で習得」という風に呼んでいます。

「おうち英語」が将来花開くかどうか、道を分けるのは「自我」と「無意識」だと昨日、書きました。

私の考えでは、ここがすごく大事なポイントですので、具体的な教材や取り組み方法をご紹介する前に、もう少し「自我」と「無意識」の話を続けたいと思います。(続きはコチラ

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語」アンケートにご協力ください! ⇒ 詳しくは「コチラ」

アンケートに答えてもいい、という方は ⇒ 直接「コチラ」

ついでにこちらも、応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です