おうち英語で気をつけること

おうち英語で、日本語を覚えるのと同じように英語も覚えさせるやり方を書いています。初めての方は、コチラからお読みください。

おとといのブログで、「おうち英語」が将来花開くかどうか、道を分けるのは「自我」と「無意識」だと書きました。

もう少し言葉を足すと、

「自我で勉強した」か「無意識で(脳が勝手に)習得した」か
が、おうち英語が効果を上げるか、それともあまり効果が上がらず、最悪の場合には逆効果になってしまうのか、のカギになります。

また、本当のバイリンガル(例えばうちの娘達)と後天的バイリンガル(例えば私)の決定的な違いも、この「無意識で習得した」のか「自我で勉強した」のか、だと思います。

この「自我」と「無意識」という分け方は私のオリジナルなのですが、一般的に言われる「顕在意識」と「潜在意識」にあたるもので、「左脳」と「右脳」と捉えていただいてもいいと思います。

これが理解できると、英語育児はぐっとラクに長続きして、最終的に「バイリンガル」になれますし、中学以降から英語を始める後天的バイリンガルの場合でも、この違いを理解して「無意識に落とし込む学習」が意識的にできるようになると、英語の上達がぐっと早くなります。

英語育児界ではよく聞こえてくる話ですが、小さい時に英語を習っていたり、おうちで英語をやっていたお子さんが、早い子だと幼稚園ぐらいから、遅い子でも小学校高学年ぐらいになると、何となく「英語がイヤ」になってくることがあります。

それどころか、うちの娘達のようにバイリンガルに育っていても、学校で習う教科としての英語は(得意なんだけど)嫌いだったりします(笑)
(参考記事:英語キライ

これが、「自我」で英語を捉えていたり、「自我」で英語を勉強したりしている状態です。

うちの娘達の場合、「英語キライ」というのは、「学校の英語(の時間)が嫌い」「英語(の勉強)はめんどくさい」「でも英語(という教科)は点が取れるからありがたい」なんですが、英語自体は「好きも嫌いも、そんなこと聞かれても、答えようがない」という、日本語と同じ状態です。

(と言っても、語学としてのレベルが日本語と同じという訳ではありません。
アメリカに住んでいた時は英語でしゃべる方が流暢でしたが、帰国後3年経って、今は断然日本語の方が流暢です)

これが「無意識で英語を習得」した状態なので、学校の英語がどんなに嫌いでも、将来英語がしゃべれなくなることはまずないでしょう。

だけど、まだそこまで至っていないお子さんが、英語に少し拒否反応を示すようになったり、「英語って難しいな」という意識になっている場合、
そのお子さんが中学生以上ですと、それでも「英語はどんなにイヤでも勉強しなければならないもの」ですが、
小学生までのお子さんだったら、「なんでこんなめんどくさいことしなくちゃいけないんだろう」という思いしかありません。

いずれにしろ、こんな時に「自我で英語を勉強」していたら、ますます英語が憎たらしく思えてしまうでしょう。

逆に「英語が好き!」というお子さんがいますが、こういうお子さんも「自我」で英語を捉えています。
これは、私達が「日本語が好き!」なんて普段は特別思わないことと比べてみると分かります。

それでも、お子さんが「英語が好き」な場合は、自我が英語を続ける原動力になりますので、それ自体は喜ばしいことなんですが、この場合でも、それが落とし穴になることがあるので注意が必要です。

教材は上手に使えば、「無意識で習得」させることができます。
と言うより、国際結婚でどちらかの親がネイティブでもない限り、教材が無ければ、そもそも習得自体できません。

しかし、英会話レッスンは、ほとんどの場合「自我で勉強」になってしまうので、どんなに早くから通わせても、これだけで英語がしゃべれるようにはなりません。
(おうち英語と上手に組み合わせて使えば、おうち英語の効果がより高くはなります)

まとめると、早くから教材を使ったりネイティブレッスンに通わせたりしていても、「自我で勉強」に陥ってしまうと、お子さんが英語を好きなうちはまだいいんですが、嫌いになってくるとそれ自体が逆効果になりかねません。

また、英語が好きな子にとっても「自我で勉強」しているうちは、どんなに英語が好きでも本当のバイリンガルにはなれません。

大人で英語ができる人たちは、最初は「自我で勉強」していたかもしれませんが、途中のどこかの時点で、この「無意識で習得」レベルに辿り着いています。

そこまでいかないと「英語ができる」レベルにはならないからです。

でも、大人になってから英語をこの「無意識で習得」レベルにまでもっていくのは、本当に大変です。

「おうち英語」つまり「家の中に英語環境を作る」ことで、お子さんにラクに「無意識で習得」できる道を作ってあげることができるのです。

(続きはコチラ

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語」アンケートにご協力ください! ⇒ 詳しくは「コチラ」

アンケートに答えてもいい、という方は ⇒ 直接「コチラ」

ついでにこちらも、応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です