子供をバイリンガルに育てる秘訣は、子供の「言語習得能力」を信じること

アンケートなどでいただいたご質問やお悩みに、(私の独断と偏見で)お答えしていく「お悩み相談シリーズ」、今回は、前回取り上げたご質問「このまま続けて本当に英語ができるようになるのか?」を、もう一度、別の角度から取り上げてみます。

そのご相談はこちら。(↓)
いろんな方が同じような悩みを書いてくださったので、私の方でまとめてあります。

********************************

おうち英語をやっているけど、アウトプットがあまりないと、効果が実感できずに、自分のやってることが正しいのか、英語の力が本当についているのか、このまま続けて本当に英語ができるようになるのか、不安です。

********************************

前回は、おうち英語で英語が身につきつつあるか(英語の部屋ができているか)を見分けるためのチェック項目を2つご紹介しましたが、今回は、「おうち英語を成功させて子供をバイリンガルに育てる秘訣」をお伝えしたいと思います。

「おうち英語を成功させて、子供をバイリンガルに育てる秘訣」とは?

それは、子供の「言語習得能力」を信じることです。

って、それがなかなかできないから、不安になるんですけどね(笑)

でも、子供は教えてもいないのに、日本語を習得していませんか?
もし我が子が日本語を習得していたら、子供の「言語習得能力」を信じることができるような気がしませんか?

この能力は、別に「日本語限定」ではありません。
子供は「環境にある言語」をマスターする能力があり、素晴らしいことにそれは、一言語限定ではありません。(ブラボー!)

日本は、日本語がとてつもなく強いモノリンガル国家ですから、日本で普通に生まれ育つと、日本語しか習得しない人が多いのですが、育つ環境に、日本語と同じように英語もあれば、自然とバイリンガルに育ちます。

ただ、英語を習得していても子供がそれを自然に披露する場がないのが、日本のようなモノリンガル国家で、おうち英語を続けるには、厄介なところです。

自然なアウトプットがなかなか出てこないので、おうちの方が不安になったり、時には「意味がない」と思ってやめてしまうこともあります。

それでアウトプットを促す取り組みをしたくなってしまうのですが、それが単に「アウトプットの助けになる」取り組みだったら良いのですが、子供の言語習得能力を信じられずに、「アウトプットを見たいからやっている」取り組みだったら、子供の「自我」の抵抗に遭い、おうち英語がますます難しくなってしまうかもしれません。

アウトプットは「自我」によるものですから、アウトプットを求めると、思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。

「自我」には個性がありますから、アウトプットは子供の個性に左右されますし、「自我の抵抗」に遭ってしまうこともあり、成長と共に難しくなってもきます。(参考:「おうち英語で気をつけること」「自我は悪者?」)

ちなみに、逆説的ですが、「自我」で英語を勉強している人は(大人でも子供でも)、英語ができるのを「見せたい」という「自我」が働いて、アウトプットが盛んになることがあります。

でも、アウトプットには「無意識」の領域に落とし込まれた膨大な英語のデータベースがないと、言える内容(や合格できる試験の級)は頭打ちになってしまいます。

そうすると「自我」が今度はヤル気を失くしてしまうこともあります。

これに対して、環境を整えることで子供が「無意識」に習得するのは、本能によるものですから、どんな子でも等しく習得していき、おうち英語を続ける限り、失敗のしようがありません。

また、言うまでもなく、巨大な英語のデータベースを築くには、しっかりとしたインプットが必要です。(参考:「おうち英語で育つバイリンガルって?

インプット中心のおうち英語で英語を無意識に習得してきた子供は、英語が分かるのが当たり前なので、逆にアウトプットの必要性を感じません。

英語がしゃべれても、必要がなければしゃべらないし、英語が読めても、読みたくなければ英語の本なんか読みません。
(参考:「子供が英語をしゃべらない」「子供が洋書を読まない」)

もっとも、会話や発話の機会を与えずにおうち英語をやっている場合、英語ができるようになっている子でも、いざ英語を話そうと思うと、思ったより話せなくて焦ることはありますが、これは、発話の筋肉が鍛えられていなかったり、英語の会話自体に慣れていないだけのことで、英語のデータベースを築いていれば、必要になればすぐに「しゃべれる」「読める」ようになります。

と、そうは言っても、やっぱり、アウトプットがなければ、子供が英語を身につけているのかどうか分からず、不安になって、続けることが難しく感じることがあるかもしれません。

だけど、それでも、おうち英語で子供がバイリンガルに育つのは、まずは「本能によるもの」ですから、淡々と続けていくのが一番です。

折に触れ、実際におうち英語で子供をバイリンガルに育てた人の体験談を読むなど、先人の教えにでも触れて(笑)、あとは「子供の言語習得能力」を信じて続けていけば、必ず子供はバイリンガルに育ちます。

なぜなら、言葉を覚えるのは、人間の本能だからです。
(参考:「バイリンガルを育てるということ」「『おうち英語』と『かけ流し』の本当の意味」

子供の言語習得能力を信じて、おうち英語で子供をバイリンガルに育てていきましょう。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語」アンケート、お答えいただいた方、ありがとうございます!
まだまだ受け付けています ⇒ 「コチラ」から

ついでにこちらも、応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です