肩の力を抜こう(おうち英語はとてもシンプル)

このブログでは「おうちでお子さんをバイリンガルに育てましょう」とオススメしていますが、それは、おうち英語なら誰でも簡単に子供をバイリンガルに育てられるからです。

私がこのブログを始めて、それをお伝えしているのは、日本人はもっと英語ができた方が良い!と、心の底から、強く強く、痛感しているからです。
(そう思うようになった経緯は、またいつか詳しく書きます)

しかし、私自身がそうでしたが、大人になってから英語をマスターするのは本当に大変で、膨大な時間がかかります。

一方、子供のうちに「おうち英語」されて育てば、日本語と一緒に(本人も知らないうちに)英語が身についていくのです。

この「英語が身につく」というのはどういうことでしょうか?

バイリンガルの一般的なイメージは、「英語をぺらぺらしゃべる」というものですが、日本にいてそうなるのはかなり難しいです。

と言うのは、日本では英語を使う場面があまりに少な過ぎるからです。

以前も書いたことがありますが、日本で普通に生活していると、本当の意味で「英語ができなくて困る」場面はそうそうありません。

そして、英語を使う必要がないので、特に学齢期に近づいて自我が出てきた子供は、あまり英語をしゃべりません。
(参考記事:「子供が英語をしゃべらない」)

でも、だからと言って「早期英語教育なんてムダ」「やらない方がいい」ということはありません。

なぜなら、表に出ないところで育った英語力が、いざ英語が必要になった時に生きてくるからです。

私が「英語が身につく」「バイリンガルになる」と言っているのは、英語を「直聴直解」「直読直解」できる能力と、「自分の言いたいことが英語で表現できる」能力を身につける、ということです。

要するにこれが「英語ができる」ということなのですが、それが、日本語のバリアができた後だと、身につけるのにとても苦労するのです。

だけど、子供ならおうち英語で誰でも簡単に身につけられるのです。

この能力さえつけておけば、あとは、必要のない時からぺらぺらしゃべらなくても、いつか必要になった時に、そんなに苦労することなく英語を使うことができるのです。

例えば、我が家のように突然アメリカに行くことになっても、子供達は英語で困ることがありません。

それまでも一所懸命英語を「勉強」してきた私と夫は英語で苦労してるのに、おうち英語されていただけの子供達は、何の苦労もなく、ラクラクと友達を作って、学校では良い成績を取りました。

でも、それまで日本にいる時は、別に英語をぺらぺらしゃべっていたわけでもなく、普通の日本人の子供でした。

私も今でこそ「子供達はバイリンガルに育った」なんて言ってますが、まだアメリカに行くなんて思ってもいなかった頃、長女が小学校に入った時には、もう英語はそんなにしゃべらなくなっていて、「意外と英語ができるようにならなかったなー」と思っていました。

でも、子供自身の意思や好き嫌いもはっきりしてきて、親の思うようには取り組みもできなくなってくるので、「思ったほどうまくいかなかったけど、きっぱりやめてしまう勇気も出なくて、おうち英語を細々と続けてる」ような状態でした。

幸い(?)我が家はそこでアメリカに行くことになり、子供が現地校で英語を使う必要が出てきたら、読み書きも含めて、しっかり入っていたものが必要に応じてぐんぐん引き出され、あっと言う間に現地の子供と同じように英語をしゃべるようになりました。
昨日のブログに当時の動画を載せています)

それまで表に現れなかったおうち英語の成果を目の当たりにすることになったのです。

今、私が「子供をバイリンガルに育てましょう」と言っているのは、日本でお子さんがぺらぺらになりますよ、ということではありません。

必要になった時に自然に英語が使えるよう、日本語と同じように英語も育てておいてあげましょう、ということです。

そのためにやることは、とてもシンプルです。

おうちの中に英語環境を作ること、具体的には英語の音をかけ流すだけです。

それだけで、子供の脳は勝手に「直聴直解」「直読直解」の能力を身につける、つまり英語をマスターするのです。

これだけなら、今の時代、特別に教材を用意しなくても、2ヵ国語のテレビ番組の音声を英語にしたり、インターネットで幼児向けのものを探したり、簡単にできます。

そんなのめんどくさいし、もっと効率的にやりたい、というなら、幼児向けの英語教材は選び放題なぐらい沢山あります。

とにかく、家の中に英語が流れている状態を作れば、親の頭には何も変化がなくても(笑)、子供の脳では静かに英語が育っていくのです。

あとはご家庭の事情に合わせて「語彙を増やす」「読める力を強化する」「会話力を鍛える」ための取り組みを加えていけばいいのです。

おうち英語は、いつか英語が必要な時が来たら、必ずお子さんの役に立ちます。
(参考記事:「私がおうち英語されていた」)

まずは、手軽にできることから是非、始めてみてください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語」アンケートにご協力ください! ⇒ 詳しくは「コチラ」

アンケートに答えてもいい、という方は ⇒ 直接「コチラ」

ついでにこちらも、応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児