おうち英語体験談(メイさんの場合)

今日は、「おうち英語の会」の会員さんの体験談をご紹介します!

メイさんは、私が「おうち英語の会」を始めた一番最初の頃にご入会くださいました。

小学生のお子さんは、おうち英語でしっかりバイリンガルに育っている様子だったのですが、「巷には、難しい英語絵本を読んでいる子がいっぱいいるようで、もっと読めるようにしてあげるべきだったのかな・・・」とご相談をいただき、それをきっかけに、私も「子供が洋書を読まない(読解力をつけるには)」という記事を書いたりしました。

体験談の中でご自分でも書かれていますが、お忙しくてなかなか掲示板などでお見かけすることはないのですが、折に触れてお子さんの近況を聞かせていただいています。

肩に力を入れず、淡々とおうち英語を続けていらっしゃる様子がよく分かり、励みになるご家庭も多いのではないかと思います。どうぞお楽しみください。


小学校4年生の女の子の母、メイです。

娘が生まれてから、たくさんの育児書を読みました。

この子の可能性を広げてあげるのは親の責任!才能を最大限に伸ばすことが親の務め!と思い、そのための取り組んだことのひとつが、おうち英語でした。

英語育児のブログや書籍を読んで情報収集。そこで紹介されているDVDや、英語の絵本、CDなど、良さそうだなと思ったものは購入し、おうちで観たりかけ流したり、絵本を読んであげたりして楽しんでいました。

我が家にとって大きな転機となったのは、娘が2歳を過ぎたときです。お金をかけない方法を探していたはずなのに、(高額なことで有名な?)DWEの教材を購入してしまいました。

DWEのサンプル教材を取り寄せたり、ホームページを見たりしているうちに、その内容が良いことは感じていましたが、英語力のない私には、高度で使いこなせないだろうと勝手に思い込んでいました。

そんなふうに思っていたので、DWEの教材を購入することは、まったく選択肢に入れていなかったのですが、保育園のお友達ファミリーが教材を購入したことがきっかけとなり、気づいたらディズニーの魔法にかかっていました。笑

それからは、DWEを主軸に置いたおうち英語の始まりです!

高い教材(我が家にとっては・・・)を買ったからには、「元を取らねば!!」という思いで、効果的な使い方をインターネットで検索し、情報収集・・・。

その中から、我が家で取り入れられそうなこと、自分にできそうなことを取り入れていきました。

そのうちの一つが、教材絵本CDのかけ流しでした。子どもが起きている間はずっと、何かをかけ流していました。英語音声だけでなく、クラシック音楽や、他国の言語、童謡、漢詩漢文や、古文、俳句・・・などなど。自分が良いと思ったものは何でも、どんどんかけ流していました。

それは、子どもが小4になった今でも変わりません。今のところ、「嫌だ」と拒否されることもないので、続いています。

ディズニーの英語教材をメインで使っていたので、その絵本を読んだり、教材DVDを見たり、課題に挑戦したり、会員イベントに参加したり、週に1度のテレフォンイングリッシュをしたり・・・。あくまでも、我が家にできる範囲で、毎日少しずつの英語に触れていました。

途中、保育園の年長の時に、小学校受験の準備をして忙しくなりましたので、ディズニーの教材にも全く取り組んでいない期間もありました。でも、その間にも英語音声のかけ流しだけは、続けていました。

小学校に入学した頃、お友達のママから「〇〇ちゃん、幼稚園はインターナショナルスクールだったんですか?」と聞かれました。

私立の小学校なので、英語教育にも熱心な方が多くて、幼稚園はインターナショナルスクールに通っていたという子も多いのですが、そんな中でも娘は負けず劣らずやっているようです。

英語の教室に通ってもいないし、オンライン英会話などもやっていないので、娘の英語力がどれくらいあるのかが私には分からないのですが。それで、客観的に英語力を測る指標になるかと思い、英検を小2のときに受験し、4級に合格しました。

3級を受験させたいのですが、習い事や学校行事で忙しく、なかなか受験することができずにいます。

小学校受験が終わってから、DWEの取り組みを再開し、残すは卒業課題を提出するのみとなりました。

まだDWEを卒業したわけではありませんが、ここまでこれたのは、英語の取り組みをゆるゆると続けてきて、ただやめなかっただけ、だと思います。(途中、ちえみさん推奨のパルキッズも使用しました!)

目指していたような英語ペラペラ、スーパーキッズには程遠いのですが、英語の土台は出来ているのかなぁと感じています。

ちえみさんの主催するおうち英語の会に入ったのは、これからの我が家のおうち英語の方針を相談する相手が欲しかったからです。

ちえみさん自身が通訳をされていて英語に精通されていること、2児のお嬢さんをバイリンガルに育てていること、などから英語指導の面でも、先輩ママとしても頼りになる存在だと感じ、入会しました。

会員サイトでは、熱心なママたちがいろいろな情報をやりとりしていて読んでいるだけでもためになることが多いです。

なかなか投稿できず、読むのも、会員サイトにログインするのもままならないのですが・・・。

これから、我が家は私立中学の受験に向けての勉強も忙しくなってくると思います。

そんなときに、英会話のスクールにも行かず、おうちでできる取り組みを推奨してくださるちえみさんは、我が家の救世主のようです。

英語に力を入れたいけれど、英語だけに力を入れているわけにはいかない忙しいご家庭に、おうち英語をおすすめします。^^


おうち英語の会」でも、そろそろお子さんが中学受験、というご家庭は多いですが、小学校高学年ぐらいになると、小さい頃からのおうち英語の成果が見えてくるようになりますので、メイさんのように、忙しい時でも無理なくできるおうち英語の取り組みを続けて、お子さんの英語に関しては、ゆったりと余裕をもって構えていらっしゃるご家庭が多いです。

小さい頃からの取り組みは、今後、中学、高校と進むにつれて、さらに大きくモノを言うようになります。

メイさんの体験談にもあるように、小さい頃から「ゆるゆると続けてきて、ただやめない」ことが、最終的におうち英語を花開かせる秘訣だと思います。

メイさん、お忙しい中、どうもありがとうございました!

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語」アンケートにご協力ください! ⇒ 詳しくは「コチラ」
アンケートに答えてもいい、という方は ⇒ 直接「コチラ」

ついでにこちらも、応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です