ブログ1年を経過して思うこと

令和は1日20時間ぐらいになりましたか? 

「新時代は時の流れが今までとは違うのでは?」というぐらい、あっという間に1日が終わり、毎日慌ただしく過ごしていました。

なかなか記事の更新もできずにいますが、今日で、このブログを始めてちょうど1年となりました!

長女の16歳の誕生日に始めたこのブログ、途中、一度引越しをして、現在は、こちらのサイトに落ち着いています。

おかげさまで、ブログを通して、たくさんのおうち英語をやっている方と出会えたり、また何人もの方が新しくおうち英語を始められました。

本当にありがとうございます。

私がブログを始めた3つの理由

何度も書いていますが、私がこのブログを始めた理由は3つあります。

1つ目は、自分の仕事を通じて、日本人の英語力の低さにかなり深刻な危機感を抱くようになったから。

英語ができなきゃ存在しないも同じ
日本の子供に「世界の標準語」としての英語を!

2つ目は、おうち英語で子供をバイリンガルに育てるのは簡単なこと、というのをお伝えしたかったから。

肩の力を抜こう(おうち英語はとてもシンプル)
おうち英語は難しい?(簡単なこと、難しいこと)

そして3つ目は、おうち英語は子育ての達成感を味わえるものだから。

バイリンガルの育て方・最終回(その18)英語という贈り物
世界は母親の献身によって支えられている

おうち英語でラクラク英語を身につけさせて、せめて子供の英語に関しては苦労のない日々を送っていただきたい。

そして、日本人が世界に向かって積極的に発言することで、日本も世界も良くなってほしい、という壮大な願いのもと、このブログは書かれているのです、一応(笑)。

ちえみ流「おうち英語の極意」:自我と無意識

さて、言葉を覚えるのは人間の本能ですが、とりわけ子供の言語習得能力は、ものすごくパワフルです。

ですが、その能力について理解が浅いと、おうち英語は難しく感じてしまいます。

それを何とか分かりやすくお伝えしたい、と思い、考えたのが「自我」と「無意識」ということでした。

「自我」と「無意識」さえ納得できれば、おうち英語は何も難しくありません。

それをお伝えするために(誰か読んでくださる方がいるかな?と思いながら 笑)最初に書いたのが「言葉は脳に習得させる」からの一連の記事です。

今読み返すと、少し難しい部分もあるのですが、ここに、ちえみ流「おうち英語の極意」が詰まっていますので、もしまだお読みになってらっしゃらない方がいらっしゃいましたら、是非、お読みいただければ、と思います。

そして、子育て中のお母さん、お父さん方が、肩の力を抜いて、おうち英語を続けていただけるよう、これからも折に触れて更新していきますので、今後とも当ブログを、どうぞよろしくお願いいたします。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語」アンケートにご協力ください! ⇒ 詳しくは「コチラ」
アンケートに答えてもいい、という方は ⇒ 直接「コチラ」

ついでにこちらも、応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です