小学生のうちに身につけたい英語

子供がおうち英語で身につける英語は、私達が知ってる英語ではないんですよー

私が子供に英語育児をしていた10数年前と違い、最近は小学校に入る前から英語に親しんでいるお子さんが増えてきました。

そんな、おうち英語をやってきたご家庭から、時々

「英語を基礎からやり直すには、何からやればいいですか?」

というご質問を受けることがあります。

でも、子供がおうち英語で無意識のうちに身につける英語は、私達が「外国語」として自我で勉強してきた英語とは全然違います。

そんなおうち英語に「基礎から」という概念はありません。

おうち英語に「基礎から」という概念はない。

このブログでは、「おうち英語で子供をバイリンガルに育てましょう」と提案していますが、この「おうち英語」というのは、小さい頃から(外国語としての)英語に親しんでおくというのではなく、「第二の母国語」として英語を身につけさせよう、ということです。

英語も日本語と同じように「無意識に(自然に)身につけさせる」、それが「おうち英語」です。

日本語も、まず先にしゃべれるようになって、あとから「国語」という教科で整理していきますが、それと同じように、英語もまず先にしゃべれるようにしてくのです。

そして、その後「英語」という勉強で整理していくのですが、決して「英語の勉強」からスタートするのではなく、また、英語の「勉強」はおうち英語ではマストではありません。

英語の勉強をするのは、極端なことを言えば、中学の学校英語が始まってからでもOKなのです。

おうち英語でまず「しゃべれる」ようにする

世界には、教育を受けられないため、母国語はしゃべれても読み書きのできない人は、まだまだ沢山います。

しかし、どんな人でも(基本的に)何らかの言葉はしゃべれます。

これは、人間には、赤ちゃんの頃に周りに何らかの言葉が流れていれば、その言葉を(興味がなくても、楽しんでなくても、聞くつもりさえなくても)勝手に習得してしまう本能があるからです。

ですから、子供の周りに英語(の音)を流してあげれば、子供が興味を示さなくても、楽しんでなくても、聞くつもりさえなくても、勝手に(無意識で)英語を習得してしまい、しゃべれるようになります。

ただ、日本のように「まったく英語を話す必要のない」環境では、なかなかアウトプットが出ないこともありますが、おうち英語で英語環境を作り出していれば、必要になればいつでもしゃべれる能力も身につけていくことができます。(参考:「おうち英語でスピーキングもできるようになる?」)

しかし、この言語習得能力は、年齢と共に(なくなりはしませんが)急激に衰えていきますので、10歳以降の、無意識での言語習得が難しくなってくる時期からこれらの全てを身につけていくのは本当に大変です。

ですから、小さい頃から英語の音を聞かせて育ててあげましょう。

英語の音を聞かずに学校英語に入ると…

英語の音をほとんど聞かずに育った子が、10歳過ぎていきなり英語の授業を受けるのは、日本語がしゃべれない子が日本の小学校に入って国語の授業を受けるようなものです。

そんな英語教育を続けてきた結果がコチラ。
  ↓↓ ↓↓
日本の英語力、非英語圏で53位 世界ランク、前年から低下

そんな学校教育任せでは、将来もし英語が必要になった時に苦労するのは、私達大人世代が、身をもって経験してきているところです。

最近は特に、グローバル化のあおりを受けて、急に英語が必要になって苦労する大人が増えました。

そんな苦労をさせないために、おうちで英語の音を聞かせておくだけでもいいのです。

おうち英語と言っても、必ずしも、教材を準備したり、英会話レッスンを受けさせたり、外国人のいるイベントに連れて行ったりする必要はありません。

日常的に英語のテレビ番組を(英語のまま)見せておくだけでも、将来、全然違います。
(「究極のおうち英語:誰にでもできて、将来子供が英語で困らない」)

先に英語が分かって初めて「教育」

ちなみに、念のために言っておくと、学校の英語教育の現場が悪い訳ではありません。

10歳前後に外国語を始めるなら、授業では教科書(文字)中心にならざるを得ませんし、そもそも学校で、子供が英語を勝手に習得するほどの「英語の音環境」を準備することはできません。

日本語だったら、小学校に入って勉強を始める前には、子供は家庭で日本語がしゃべれるようになっています。

同じように、家庭で英語のテレビ番組でも楽しんで育っていれば、学校の英語の授業に入っても、子供がそんなに苦労することはありません。

未就学児~小学校低学年までなら、かけ流しで英語回路を育てておいてあげましょう。(「子供をバイリンガルにするには」)

小学校高学年でも、まだまだ「第二の母国語」として、家庭で英語を身につけさせることは可能です。(「英語を『外国語』にしない小学生からのバイリンガル教育」)

小学校に入る前に日本語がしゃべれるようになっているように、中学・高校で本格的な英語の勉強が始まる前に、英語も家庭で素地を作ってから、学校の授業に送り出してあげましょう。

応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です