小3から始めたおうち英語の英検受験記(ななさん体験談・その2)

今回は、前回からご紹介しているななさんの体験談の続きです

今回は「小学生のおうち英語」を1年間続ける中で受験した2回の英検や、現在のおうち英語の様子です。


娘のおうち英語と英検受験記

オンライン英会話の教材とパルキッズの成果なのか、半年くらいで少し長い文章でもスラスラと読めるようになり、1人でレッスンも受けられるようになってきました。

4年生になって、学校の宿題の量が増え、塾にも通い始め…、習い事も夜遅くなり、忙しくなった上に、親のことを素直に聞かなくなることも増えました。

しかしおうち英語は、基本、音を流しておくだけなので、反発されることもなく、とっても楽です。

他の取り組みとしては、絵本の音読や、皆さんと同じくお楽しみでテレビや動画、映画を英語で見ています。

英語にまだ馴染んでおらず、英語音声で見ることには抵抗があるようだったので、ちえみさんにも相談して、最初は日本語字幕をつけるなど、嫌にならないように工夫しています。

おうち英語を始めたのが遅く…、もともと特別頭の良い子なわけでもなく、さらに勉強より外で遊ぶのが好きな子なので、聞いてるだけで英語が身につくのかな?と、半信半疑で始めた「おうち英語」でしたが、4年生になって、6月の英検で4級に挑戦し、合格しました。

塾や習い事が忙しい中で、オンライン英会話は4月に退会し、毎日のジュニア、そしてプリスクーラーの聞き流し、たまにNHKのラジオ講座を聞いたり、あとは英語でテレビを見たり絵本を読んだり、ゆるい取り組みだけで、英検対策としては特別なことはほとんどできなかったのですが、結果を見てみたら8割以上の点数が取れていたので、正直驚きました。

リスニングはほぼ満点でした。

娘は、結果が出たことが嬉しかったようで、3級にも挑戦したがり、私は、急ぐ理由もないのでまだいいのではないかな、と思ったのですが、もし挑戦したいなら、過去問を解いて教えるような方法は避けたかったので、パルキッズの英検オンラインレッスンを受けさせました。

隙間時間にもできるので、タブレットで毎日やるのは、本人も苦にならないようでした。

そして、まだ早いと思いつつ、本人が挑戦するというので、10月に3級を受けさせました。

娘は勉強が嫌いなので、対策はパルキッズのみ…。

絶対無理だと思っていたのですが、1次の筆記試験に合格することができました。

うちは、英語を習ってきていなかったので、小3でおうち英語を始めて、ちょうど1年ぐらいでした。

子供自身、英語が分かってる感じがあまりないのに受かってしまったのが不思議で、私が不安になるほどでした。

続く2次も、ちえみさんに面接対策のアドバイスをいただき、当日は「上手く話せなかったー」と帰ってきましたが、なんとか合格することができました。

何度も申し上げている通り、うちの娘は勉強嫌い、覚えたことを三歩歩いたらすぐ忘れちゃうような子です。

だからこそ、おうち英語ってすごいなぁ、と感じています。

自宅での取り組みですが、パルキッズの教材メインでやっているので私も本当に楽で、続けられてます。

ただ、娘の英検受験を見ていて、小学生と英検については、思うことがありました。

つづく


ななさんは、私がこのブログで繰り返し書いている「自我」と「無意識」について最初から納得されており、その視点からお子さんの様子を見て、おうち英語を進めてこられました。

そして、英検を終えられ、鋭い視点からの感想をいただいたので、次回は、それをご紹介したいと思います。乞うご期待!

応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です