赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるか?

おうち英語で、日本語を覚えるのと同じように英語も覚えさせるやり方を書いています。初めての方は、コチラからお読みください。

幼児英語の教材で「母国語方式」というのがあります。(我が家も使いました)

「母国語方式」というぐらいですから、母国語をマスターする仕組みがもともとある訳です。

では、人間は、一体どうやって母国語をマスターするのでしょうか?

人間の子供(赤ちゃん)は、周りの環境にある言葉を自然と身につける訳ですが、その言葉とは、文字ではなく「音」です。

人間の赤ちゃんは、周囲に流れる音、言葉だけではなく環境に存在するあらゆる音を脳にため込みます。

そして、そうした音を、音に付随する情報(映像だったり、出来事だったり、お母さんの表情だったり、ありとあらゆる情報)と結びつけて、「この音は言語として意味のある音」「この音は言語ではない音」という分類を自然に行います。

同時に、音をため込んで分類するのと並行して、「言語」として分類された音の「言葉としての法則(文法)」を見つけ出し、言語として周囲に流れている音(周りの人が話していたり、TVなどから流れてきたりする音)、つまり言葉を理解するようになっていきます。

これが言葉を「無意識で習得」している状態で、「母国語方式」や「イマージョン教育」というのは、この赤ちゃんや幼児の脳の仕組みを外国語の習得にも応用する、ということです。

言葉を話す能力は、人間であれば誰にでも生まれつき備わっている能力で、努力して学習し、習得するものではなく、「育てるもの」だ、という考え方です。

母国語(日本語)と同じように、外国語(英語)も、赤ちゃんや幼児であれば、脳が勝手に「無意識で習得」してくれます。

我が家もそうでしたが、赤ちゃんの時期から英語育児(CDのかけ流し)をしている家庭では、子供が日本語をしゃべり出すのと前後して、英語もしゃべり出すことが珍しくありません。

子供の脳の中で、両方の言語の「無意識の習得」が勝手に進み、自我の発達と共にアウトプットに進んでいくのでしょう。

言語とは、時期と方法さえ適切であれば、本当に簡単に「無意識で習得」できます。

人間の言語獲得の仕組みについては、まだまだ解明されていないことが多く、研究途上らしいのですが、経験として積み上げられ、成果をあげているやり方はいくつかあります。

必ずしも、母国語方式の教材を買ったり、イマージョン教育の幼稚園や小学校に通わせる必要はなく、むしろ一番ラクで効果が高いのは、赤ちゃん時代におうちで手軽にできることです。

明日は、その具体的な方法をお伝えします。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語」アンケートにご協力ください! ⇒ 詳しくは「コチラ」

アンケートに答えてもいい、という方は ⇒ 直接「コチラ」

ついでにこちらも、応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児