コロナ休みとおうち英語同窓会

コロナ休みでおうちに缶詰めのご家庭も多いかと思いますが、いかがお過ごしですか?

国際会議が中止になったり、外国人の来日や日本人の外国出張が続々キャンセルになる中、通訳業界はいち早く影響を受けて、通訳案件が激減しています。

仕事が減って時間ができた通訳者も多いのですが、通訳者というのは向上心が高く勤勉な人が多いので「こんな時こそ自己研鑽」とばかりに、オンラインの情報交換会や勉強会が激増しています。

もともと現場案件が少ない私は、オンラインの仕事は微増なのに加えて、こういう仲間うちの会にも参加したいし、子供のコロナ休みでお昼ごはんの支度も増え、思いのほか忙しくしています。

と言っても、普段は忙しい子供達に家事を分担でき、朝のお弁当の支度もいらなくなったので、家のことではなくただ自分の好きなことに忙しくしている感じです(笑)

一方の子供達は、突然学校も休校になり、部活も中止になって、ヒマを持て余すかと思っていましたが、普段できないことをやって、意外と楽しく過ごしています。

とっくに私の背を抜いたティーンエイジャーの娘2人が家にいるだけでなく、夫も不要不急の飲み会や会議が減って家にいる時間が増え、ただでさえ狭い家に大人が4人ひしめき合っていて狭苦しい上に、子供達は学校から楽器を持ち帰っていて、長女はコントラバス、次女はトランペット、夫は趣味のギター、と家の中は非常ににぎやかなことになっています(笑)

そして、この休みで時間ができて、2人とも気晴らしに洋書を読み始め、長女が読みたがる本は、アメリカのAmazonで Kindle版しか入手できなかったので、私が昔、洋書読書用に買った古い(タッチスクリーンでもない!)Kindle を引っ張り出してきました。

気晴らしで洋書を読むなんて、我が子ながら羨ましい限りですが、「洋書すらすら」に育てておいて良かった!(笑)

そして、昔の英語育児仲間たちと、久しぶりにオンラインで井戸端会議を開き、(英語育児界では知る人ぞ知るもっ〇んさんとか春〇さんとかナ〇コさんとか、他にも錚々たるメンバーで)近況報告などおしゃべりに花が咲きました。

昔は、寄ると触ると「最近どんな教材を使ってどんなことをやってる」とかそんなことを話していましたが、今は、子供のことより自分たちの近況の方に興味が移り、子育てももう終盤、という感じです。

子供達はもう大学生や高校生が多く、大学生の子達はほとんど自宅を離れています。

みんな英語育児はほぼ卒業ですが、おうち英語されていた当人達は「自分の子にも英語育児する」と言っているそうで、うちの子達ももちろん「子供が生まれたら、おうち英語する」と言ってます。

今日は東日本大震災からちょうど9年目。

当時我が家は東京に住んでいて、子供達が学童と保育園にいる中、私は帰宅難民になって深夜まで歩いて自宅に帰り着きました。

いつも子供の送迎と留守番をお願いしていたファミリーサポートの方が、その日も保育園と学童にお迎えに行ってくださって、夕食を食べさせ、寝かしつけた後も子供に付き添い、深夜2時まで私の帰りを待っていてくださいました。

その後、我が家は引越しを繰り返し、私も仕事をセーブせざるをえなくなって、キャリアに長いブランクができました。

でも、その子供達も、今回のコロナ騒動ではまったく手がかからないどころか、家にいてくれると助かることの方が多いほどに成長しました。

夫のアメリカ駐在時も、行く時は手のかかる子供2人でしたが、帰る時には戦力でした。

振り返れば、子供ってすぐに大きくなって親の手を離れていきます。

うちの長女も、あと1年もすれば親元を離れてしまう可能性は大きく、このコロナ休みは、一緒に過ごせる良い機会になったな、と思っています。

今回のコロナ危機、うちは子供が大きくなっていたので、今のところ、休校になっても母親の私は逆に楽になったぐらいですが、突然の休園や休校で大変な思いをされているお母さんも多いと思います。

この時期がどのぐらい続くのか、分かりません。

でも、東日本大震災後の大変化を経て思うのは、今できることをしっかりやっておけば、子供はいずれ成長するし、必ず道も開ける、ということです。

今は苦しい思いをされている方も、皆で励ましあったり、知恵を出し合って、子供を守りながら、何とか乗り切っていきましょう。

→ この記事が気に入ったら こちら をクリックお願いします💛

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です