おうち英語、答えは子供が持っている

「おうち英語の会」の会員さんが、こんなことをつぶやかれました。

皆さんのお話を聞くと、かけ流しにプラスして色々取り組んでらっしゃる方が多いので、かけ流ししか出来ていない事に少し不安を覚えてしまう今日このごろです…

確かに、いろんな情報が入ると、逆に不安になることがありますよね。

でも、こちらのお子さんは、まだこれから幼稚園という未就園児です。

スポンジが水を吸収するように、言葉を吸収して、イヤでも身につけてしまう年頃です。
(私たちも、日本語が「できるようになりたい!」なんて思わないうちに身につけてしまいましたよね?)

子供は環境にある言葉をイヤでも身につけてしまう

このブログでは何度も書いていますが、人間は言葉を習得する本能を持っているので、大人になってからでも外国語を習得することができます。

子供のうちなら、意識しなくても無意識で「環境にある言葉」を習得します。

環境に2つの言葉があれば、1つだけを選んで習得するなんて器用なことは逆にできません。

両方習得して、イヤでもバイリンガルに育ってしまいます。

ですから、英語を子供の環境にしてしまえば、子供は勝手に英語を習得するのです。
(参考:「『おうち英語』と『かけ流し』の本当の意味

英語を環境にするために、このブログでは、どんなに英語が苦手なママでもできる「かけ流し」をオススメしていますが、英語のテレビを見せるのでも、オーディオブックを使って絵本を楽しむのでも、ママの語りかけでもいいと思います。

子供の育つ環境に、適切な質と量の「英語の音」を加えてあげれば、あとは、できることを無理のない範囲でやっておけば、子供は勝手に習得します。

自分がなかなか英語ができるようにならないからと言って、子供の言語習得能力を甘く見てはいけません(笑)

おうち英語は、熱心な人ばかりではない

インターネット上で目にする、おうち英語のブログをやっている人や、掲示板に書き込む人は熱心な人が多いので、英語育児ではいろんなことをやるのが当たり前のように思えたり、全部やらないといけないような気がするかもしれません。

でも、実際には、おうち英語を始めても、かけ流しすら挫折しそうな人も多く、私のところにも、そんな方からDMや個別チャットで何人もご相談をいただきます

手軽に「バイリンガルを育てるおうち英語」ができる教材として、私がオススメしている「パルキッズ」でさえ、昔と違ってオンラインレッスンができたことが、仇になってる場合があるようです。

パルキッズのオンラインレッスンは、ゆるーい気持ちでやれば、意味づけやアウトプットにつながる、とても良いものなのですが、「これをやらなきゃ!」とお母さん達の肩に力が入ってしまって、取り組みが難しくなっているケースがあるのです。

それよりは、むしろおうちの方が他のことで忙しくて、かけ流しがやっと、あとは子供の英語のことは忘れている、ぐらい力が抜けてる方が、長続きしてうまくいくような気がします。

悩んだら、答えは子供が教えてくれる

どこかで聞いた言葉ですが、子育てや英語コーチングをする時に、なるべく私が心がけているのが
「答えは相手が持っている」
「悩んだら、答えは相手が教えてくれる」
というものです。

コーチングでは、たった一つの「これ!」という正解があるわけではなく、目の前の相手の状況をよく聞き出し、それに合わせて必要なアドバイスをすることが求められます。

中には時々、無理して勉強し過ぎる方もいらっしゃるので、「少し休まないと長続きしませんよ」とペースを落としてもらうことすらあります。

おうち英語でもそれは同じで、たった一つの「これ!」という正解はありません。

「子供が将来、英語で苦労しないように」という、おうち英語を始めた時の気持ちを忘れずにいれば、あとは周りは気にせず、まずはのんびり英語の音をかけてさえいればいいと思います。

とは目の前の自分の子供を見て、この子にとって大切なことを沢山やってあげましょう。

外遊び、ママとのふれあい、パパとのふれあい、いろんなことに挑戦して失敗すること、自然の中で遊ぶこと、もちろんしっかりと母国語である日本語を育てること。
幼い頃は、どれも英語より大事なことです。

その中に、英語の音があれば、親が頑張らなくても子供は勝手に英語を身につけていきます。

絵本の暗唱(音読)やフォニックスも、ゆるーくやっておけば上等で、音源のかけ流しや読み聞かせをして、あとは子供が自分の好きな時にその絵本を自由に手に取れる環境になっていれば、いずれ必ず英語の本も読めるようになります。

おうち英語の目的は「バイリンガルを育てること」

「おうち英語、できないことは無理してやらない」にも書きましたが、おうち英語の目的は「語りかけ」でも「読み聞かせ」でも「英会話レッスン」でも、もちろん「かけ流し」でもなく、「バイリンガルを育てること」です。

そのためには、まず、英語の音環境さえ整えてあげれば、子供の脳は英語の習得を始めます。

英語の音環境さえ作り出せていれば、あとは、できないことは無理してやらなくても、子供は英語ができる子に育っていきますよ

子供の素晴らしい言語習得能力を信じて、「おうち英語にストレスは不要」の精神で、肩の力を抜いて、おうち英語を続けてほしいと思います。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語」アンケート、お答えいただいた方、ありがとうございます!
まだまだ受け付けています ⇒ 「コチラ」から

ついでにこちらも、応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です