おうち英語バイリンガルの学校英語との関わり方

「お悩み相談」シリーズ。今日は、昨日の続きです。

昨日取り上げたご質問は、こちらでした。

********************************

バイリンガルを目指すには、中学生以降はどのような取り組み(本人)、働きかけ(親)が必要なのか、また、中学で勉強になった英語、その際の取り組み方なども詳しく知りたいです。

********************************

このうち、昨日は「中学生以降のおうち英語」について、我が家の場合をご紹介しましたが、今日は「学校英語との関わり方」についてです。

この「学校英語と関わり方」のご質問は、アメリカ人なら「Good question!」と言うような質問で(→ そのココロは「私にも分からない」笑)、私もまだ試行錯誤中なので自信を持って答えられない、すごく難しいご質問です。

また、教育に関しては、日本は「一億総評論家」と言われるほど、いろんな意見がありますし、地域によっても、またそれぞれの家庭の価値観も違うので、あくまで「現時点で、我が家はこういう考え方で、こういうことをしている」ということでお読みください。

ご質問の「中学で勉強になった英語、その際の取り組み方」は、その子の英語のレベルや学校の英語への力の入れ方などによって違い、一概には言えないと思いますので、あくまで一例として

「英語育児でバイリンガルに育ち、その後、アメリカで3年過ごした帰国子女が、公立の中学校に転入した」うちの長女の場合

をご紹介します。

長女は、中1の夏休みにアメリカから帰国し、公立の中学に転入しましたが、英語の授業は他の子と一緒に普通に受け、家では学校英語の勉強は(宿題以外)一切やりませんでした。

中学ではそこまで複雑な文法事項は習わないので、一切勉強しなくても、学校の定期テストも英語の入試問題も、常に満点かそれに近かった上に、市の英語スピーチコンテストで優勝したり、英検も準1級に合格していたので、内申書を飾る項目が増えて、英語には助けられました(笑)

その後、普通に公立高校に入学し、普通に授業を受け、家では英語の勉強はしませんが、最近は仮定法などの少し複雑な文法を、定期テストの前に1時間ぐらい(?)勉強しているようです。

高校生、いろいろ忙しくて時間がないので、英語の勉強をほとんどしなくて済むのは、本当に助かってます。

ただし、英語力は帰国時に比べると落ちています。

昨日も書いたようなおうち英語を細々とやってはいますが、特に高校に入学してからは、英語に触れる時間が(英語の授業以外)ほとんどありませんので、これは当然だと思います。

でも、授業で大学入試の過去問を解かされることがあるらしいのですが、それは「楽勝、楽勝」らしいので、あとは、大学以降、必要になったらまた本人が頑張れば良いでしょう。

私自身がアメリカの大学院に行った経験からも、長女が海外の大学に行きたいとか海外で働きたいと思ったら、必要なのは、もう「英語力」ではなく、それ以外の学力だったり専門性だと思っています。

仮に英語力をもう少し伸ばす必要があっても、本人がヤル気になって少し頑張れば、あっと言う間に(英語力だけなら)伸びるでしょうし、「英語を伸ばすには日本語を大事に」にも書いたように、それ以上を望むなら、今はむしろ日本語でしっかり勉強する必要があるでしょう。

ちなみに、成績ということで言えば、高校で受けた模試の結果を見ると、全然勉強しないのに飛び抜けている英語の偏差値が、必死で勉強しても凡庸な国語と数学の偏差値にも関わらず、全体の偏差値を押し上げてくれていて、きっと大学受験でもこの「おうち英語の遺産」がモノを言ってくれそうな気がします。 


模試の偏差値グラフ。本人の許可を得て掲載。
担任の先生は、「こんなの初めて見た」(笑)
 
中学生のころまでは、Skypeの英会話レッスン(フィリピン人講師)を無理矢理受けさせてはいましたが(次女にはまだ受けさせています)、高校に入ったら、もうそんな時間もなくなりました。
英語が好きな子なら、喜んで受けてくれるかもしれませんが、我が家の場合、「英語キライ」にしてしまったので、仕方ありません。

 

 

 

 

「英語キライ」にしてしまったのは、私の「親の自我」のせいですが(笑)、それでも英語はできるようになってくれたので、私も(きっと本人も)これで良かったと思っています。

このように、中学のうちに、英検で言えば準1級を取り、海外ドラマや洋画を普通に楽しみ、気が向けば娯楽として洋書を読む程度のバイリンガルに育っていれば、おうち英語で親がやることは、もうほとんどなくなりました。

と、長女はこんな感じで可もなく不可もなく(?)やっていますが、問題は次女。

 

 

 

 

ご質問の趣旨からは少し外れるかもしれないのですが、次回は次女の「学校英語」について書いてみたいと思います。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

ご質問は「おうち英語」アンケートまで ⇒ 詳しくは「コチラ」
アンケートに答えてもいい、という方は ⇒ 直接「コチラ」

ついでにこちらも、応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です