オンラインコミュニティ「おうち英語の会」のご紹介

子供に英語を始めたい方へ(おススメのWebサイト)

おうち英語で子供をバイリンガルに育てるために、とっても役に立つサイトをご紹介します

前回は「これから子供に英語を」とお考えの方にオススメの教材をご紹介しました。

今日は、本場である英語圏の子供向けのテレビ番組などをまとめてくださっているサイトをご紹介したいと思います。

おうち英語でバイリンガルを育てるのは簡単

このブログでは「おうちでお子さんをバイリンガルに育てましょう」とオススメしていますが、それは、おうち英語なら誰でも簡単に子供をバイリンガルに育てられるからです。

以下、昨日も書いたことですが、大事なことなので今日も声を大にして言います!

子供をバイリンガルに育てるのは、実はとても簡単なことです。

なぜなら、人間の脳は言語をマスターするようにプログラムされているからです。

子供が育つ環境に英語があれば、子供(の脳)は勝手に英語をマスターしてくれます。

そして、子供の育つ環境に英語を加えるには「おうち英語」が最適です。

それは、

英会話レッスンに通わなくても、

英語が苦手なお母さん(お父さん)でも、

共働きで忙しく子供も保育園に行くから習い事どころではないご家庭でも、

英語にそんなにお金をかけたくないご家庭でも、

おうちで無理のない範囲で気軽にできることをやるだけで十分できます。

おうち英語、具体的には何をどうすれば?

では、具体的にどうすればいいのか?

「おうち英語の進め方」というページに、基本的なことをまとめてありますので、是非、参考にしていただきたいのですが、何と言っても最初は、英語の「音」を流す必要があります。

英語の音をかけ流して、子供の脳に「英語回路」を作ることから、バイリンガルへの道はスタートします。

素材ややり方は、ご家庭に合ったものを使われれば良いと思います。

前回の記事では「パルキッズ」という教材をおススメしましたが、我が家は最初は中古 DWE(ディズニーの英語システム)を使いましたし、最近はベネッセの WWK(ワールドワイドキッズ)も人気です。

ただ「最初から教材を買ってまで…。続けられるかどうか分からないし…」というご家庭もあると思いますし、逆に「教材じゃなくても自分で選んで、いろいろ工夫したい」というご家庭もあると思います。

言語習得能力の高い、赤ちゃん~幼児期のおうち英語は、教材を使わずに無料で手に入る英語の素材を使うだけでも、十分英語回路はできていきます。

そこから語彙の増強をしたり、読み書きまで含めた英語力に高めていくには、いろんな工夫が必要ですが、子供のために自分で選んだり、いろいろ工夫をしたりできるご家庭であれば、教材なしでのおうち英語でも十分バイリンガルに育ててあげることができます。(参考:「教材使わずバイリンガルに?」)

また、教材に手を出す前に、まずは「英語の音が流れる環境」を作って、おうち英語を始めてみたいご家庭もあると思います。

そこで今日は、そんな「教材ではなく英語圏の子供向けの素材を使って、おうち英語をやりたい」というご家庭や、「教材だけではなく本場の英語に触れさせたい」というご家庭のために、とっても役に立つサイトをご紹介します。

バイリンガルを育てた動画の数々

最初にご紹介するのは、「バイリンガル子育てと我が家と私」というサイトの記事です。

このサイトを運営されているYuriさんは、娘さんをバイリンガルに育てて、カナダ留学に送り出されている、おうち英語の先輩ママさんです。

TOEFL や日本国内の英語系大学の情報も豊富で、私も(自分の子供ではなく)コーチングの生徒さんのために役立つ情報をいつもいただいています。

その中でもこの記事(↓)

「おうち英語のかけ流し全集!言語も文化もネイティブ」

こちらには、Yuriさんが実際におうち英語で使われた、英語圏の子供達が見る動画や絵本を、年齢別にたっぷり紹介してくださっています!

Curious George(おさるのジョージ)」や「Clifford」「Madeline(マドレーヌちゃん)」「Dora the Explorer」「Magic School Bus」など、我が家で読んだり見ていたものも沢山ありました。

英語圏の番組がまとめてあるサイト

そして、次にご紹介するのは、アメリカやヨーロッパのテレビ番組やインターネットの映像についてまとめてくださってるこちらのサイトです。
   (↓)
「英語のテレビでプチ留学」

こちらのサイトには、沢山の番組情報が、年齢別、国別に、とても見やすく整理してまとめてあります。

私自身は、まだインターネットがこれほど普及していない時期に子育てしていましたし、あまり子供にテレビやビデオを見せたくなかったのと、体系立てて進めたかったのもあって、取り組みとしては教材に頼ってやってきました。

ですが、教材だけでおうち英語していた訳ではなく、こうした番組や絵本も、日本語の番組や絵本と同じように見せていました。

おかげで今でも、英語の勉強はしない娘達ですが、英語の番組を見たり洋書を読んだりしています。

小さい頃から英語圏の物に親しんできたので、動画を見たり、洋書を読んだりするのは「勉強」ではなく「娯楽」として、(日本語の)勉強の息抜きに見たり読んだりしていて、労せずして英語力維持の一助になっているのです。

今は、子供が自分でスマホやタブレットを操って動画を見ることも珍しくない時代で、そこで英語の素材もいくらでも手に入ります。

幼い子供にテレビやビデオ、YouTubeなどの動画を無制限で見せるのは、私自身はあまり好きではないのですが、おうち英語の素材として、音声を取り出してかけ流しに使うなど、映像をメインにせずにこうした素材を使うこともできます。

先述の「教材使わずバイリンガルに?」でご紹介したジャスミンさんのように、何も高い教材を買わなくても、十分バイリンガル育児はできます。

また、我が家の様に、おうち英語の核となる取り組みは教材で行っても、娯楽として、こういった英語のものを見せることもできます。

英語圏の動画、工夫して上手におうち英語に取り入れよう

我が家は、子供が小さい頃は、テレビやビデオをほとんど見せなかったのですが、英語のビデオは、1日1本まで、と決めて見せていました。

教材のビデオ(DWEなど)の時もありましたが、それだけでは飽きるので、小さい頃は、BarneyDoraWiggles などのシリーズ、少し大きくなってからは Full House なども見せました。

こうした番組を通して、教材だけではなかなか出会う機会のない、いわば「生きた英語表現」に触れていたのは、のちにアメリカに行った時に、とても役に立ちました。

こうした素材を上手に使って、教材なしでバイリンガルに育てたり、英語圏の文化に触れたり、娯楽として楽しめるようにしておけば、成長しておうち英語が難しくなってきた後でも、英語から離れてしまうことはありません。

おうち英語で「本当に使える英語」を家庭から

インターネットの普及で、こうした素材が無料で簡単に手に入るようになり、時代はどんどん動いていると感じます。

しかし、それは裏を返せば、世界がどんどん情報を共有するようになっており、そこで使われている世界言語(リンガフランカ:Lingua franca)である英語をマスターしておくことが、これからを生きる子供たちには必須になってくる、ということです。

私自身、仕事で英語を使う中で、本当に使える英語を身につける重要性を、ますます強く感じています。

残念ながら、学校任せでは、英語ができるようになるかどうかは「運次第」で、中学から英語の勉強を始めると、本人のとてつもない努力が必要になります。
おうち英語を広めなければ!(英検準1級受検記・その3)

でも、子供のうちなら、英語も日本語と同じように、本人が意識する前に脳が勝手に習得してくれます。
赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるか?

早く始めれば始めるほど、親も子もラクで、しかも高い所までたどり着けます
英語 始めたほうがいい? いいに決まってるでしょ!!

小学校までに始めれば、十分、バイリンガルに育てることができます
バイリンガル教育は小学生のうちに始める

縁あってこのブログにたどり着いて来られたお母さん(お父さん)が、一人でも多く、お子さんに「英語という贈り物」を与えてあげていただきたい、と願っています。
おうち英語でバイリンガルに:とにかく始めて10年続けよう

→ この記事が気に入ったら こちら をクリックお願いします💛

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。