英語ができる日本人・できない日本人

このブログでは「おうちでお子さんをバイリンガルに育てましょう」とオススメしていますが、それは、おうち英語なら誰でも簡単に子供をバイリンガルに育てられるからです。

自分が英語がしゃべれるようになり、子供達もバイリンガルになった今、日本人は、英語ができないことでものすごく損をしている、と思うようになりました。

私は昔は英語ができませんでした。

受験英語はやったのですが、当時はリスニングなんて授業でも試験でもやらなかった時代、文法と英語を読むことはできましたが、英語を聞いてもちんぷんかんぷんで、今だから笑い話ですが、大学生の時には英検2級にも落ちました(笑)

その後、一念発起して英語の勉強を始め、膨大な時間とエネルギーをかけて、やっと「英語できます」と言えるほどになったのですが、もちろん、ネイティブと同じように話せるわけでも、日本語と同じぐらいストレスなく英語を話せるわけでもありません。

それでも、英語で意思疎通ができるようになって、初めて見えてくることがたくさんありました。

アメリカに行くことになった時、長女は現地の小5、次女は小1に入りました。

渡米前には、外国人と話す機会がなかったので、本人達は自分が英語ができるなんて思っていなかったし、私も子供達がどのぐらい英語ができるのか(あるいはできないのか)、はっきりとは分かっていなかったのですが、生まれる前から英語を聞き、英語の絵本や英語のビデオが当たり前だった子供達は、アメリカの学校に入ってみたら、友達や先生の言うことは分かるし、英語の教科書は読めるし、学校で苦労することは(私の知る限り)まったくありませんでした。

そして、現地の公立小学校ですから、学校自体のレベルがそんなに高くなかったのもあるのですが、英語も含めてほとんどの教科でGTのクラス(成績優秀生のクラス)に入ることになりました。

上の子なんか、今は、日本の高校でどんなに勉強しても数学が平均点ギリギリで苦労してるのに、アメリカ時代は「数学の天才」と言われてました(笑)

アメリカでは毎年、年度末に終業式の代わりに、成績優秀者などを表彰する Award Ceremony(表彰式)があり、いろんな賞で子供達がメダルやトロフィーをもらうのですが、うちの子供達は毎年たくさんのメダルをもらい、次女も最後は、英語、算数、理科、すべての教科でクラス1位のメダルを総取りしました。

そんな次女も、日本の学校では、ごく平均的な成績なのですが(笑)

日本の教育のレベルは高いので、英語のハンディさえなければ、うちの娘達ぐらいでも、平均的な日本人は、クラスで優秀な部類に入れます。

一方、私自身も現地の大学院に通ったのですが、子供と違って私は英語にハンディがあったので、これが日本語だったらアメリカ人の若い学生にも負けてない、と思うこともたくさんあったのですが、とにかく英語ですごく苦労しました。

それでも、アメリカの大学院に入れるだけの英語力があったので、そこで苦しくも楽しい沢山の経験をすることができました。

だけど、若い人が海外の大学院に行ったり、外国人と仕事をする時には、私のように「貴重な経験」で終わらせずに、うちの娘達のように、英語のハンディのない経験をしてほしいな、と思います。

日本に普通に暮らしていたら、英語をしゃべる必要は、まったくと言っていいほどありません。

だけど、世界は今、世界言語(リンガフランカ)としての英語でコミュニケーションを取っています。

英語ができない日本人は、日本語だけの狭い世界に閉じこもって生きるしかなくなります。
(日本は翻訳大国ですが、私も翻訳者として言えるのは、翻訳には限界があるということです)

日本人が英語が苦手なのは、国にとってものすごく大きな損失で、日本人は、小さいうちにもっと英語をラクに身につけるべきだ、と、私はしみじみ思っています。

英語は、小さいうちなら、本当に簡単に身につけることができます。

何度も言いますが、

子供をバイリンガルに育てるのは、実はとても簡単なことです。

なぜなら、人間の脳は言語をマスターするようにプログラムされているからです。

子供が育つ環境に英語があれば、子供(の脳)は勝手に英語をマスターしてくれます。

そして、子供の育つ環境に英語を加えるには「おうち英語」が最適です。

一人でも多くのご家庭で、できる範囲のおうち英語を始めて、続けていただきたい、と願っています。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語」アンケートにご協力ください! ⇒ 詳しくは「コチラ」

アンケートに答えてもいい、という方は ⇒ 直接「コチラ」

ついでにこちらも、応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児