10代以降の英語回路の作り方(バイリンガルの育て方・その3)

私の考える「バイリンガルの育て方」その3です。
(前回まではコチラ → その1その2

昨日は、「英語回路」を身につけるためのインプットの中で、幼児に対するやり方を、過去のブログ記事を紹介しながら書きました。

今日は、10代以降の大人(小学校高学年以上)が「英語回路」を身につけるためのインプットについて、また過去の記事を紹介しながら書いていきます。

言語習得能力の高い幼児期までに、おうち英語でかけ流しを3年できれば、子供の脳には自然に「英語回路」ができます。
これを私は、英語を「無意識で(脳が勝手に)習得する」と言っています。

「おうち英語の目的とやるべきこと」
「おうち英語で気をつけること」

ですが、自我と日本語が完成してしまっている10代以降の大人(小学校高学年以上)は、「日本語のバリア」ができてしまっているので、かけ流しだけで自然に英語回路はできません。

「バイリンガル教育は小学生のうちに始める」

年齢が高くなればなるほど、自我と日本語がしっかり完成していますので、「日本語を使って自我で勉強する」やり方を取ってしまいがちなのですが、これでは「日本語の部屋」の中に、一種の外来語としての英語の単語や表現がため込まれるだけで、「英語の部屋(英語回路)」はできにくいです。

「英語は『教えない』」

「自我で勉強」しても英語回路はできませんが、とは言え、かけ流しによる「無意識で習得」も、もう望めませんので、大人は「自我」を使って力づくで脳に英語の部屋(英語回路)を作っていく必要があります。

「自我は悪者?」
「自我も無意識も使いよう」

では、10代以降の大人(小学校高学年以上)が英語回路を身につけるための自我を使ったインプットとは、どのように行えばいいのでしょうか?

それは「インプットはアウトプットで行う」のです。

???????

「インプットはアウトプットで行う」
これを聞いただけで「なるほど!」と思われた方は、おうち英語のかなりの上級者です(笑)

次回は、もう少し詳しく、これを説明します。(次回「その4」につづく

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語で子供をバイリンガルに育てたいけど、一人でできるかどうか不安」というお母さん(お父さん)のために「おうち英語の会」をやっています。興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

☆ ――――――――――――――― ☆ ――――――――――――――― ☆

「おうち英語」アンケートにご協力ください! ⇒ 詳しくは「コチラ」

アンケートに答えてもいい、という方は ⇒ 直接「コチラ」

ついでにこちらも、応援クリックいただけると励みになります。
→ 親子英語バイリンガル育児